« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

終わり。

Imgp4663

ようやく暑さが衰えた夕方、夫と菜園に。
畑にはSさんもKさんもAさんも・・・・。
みんな考えることは同じようで(笑)。

「Sさ~ん、ゴーヤ食べる~」「うん、貰うよ~、ナス食べる~」「くださーい」。
夫々に上手く出来なかった野菜は、ココで貰ったり上げたり。

今日は、作物の周りの草むしり。
夕ご飯は済ませて来たので、周りが薄暗くなるまで、セッセ・セッセ・・・。

帰宅してからのお風呂の気持ちよかったこと!。

いつの間にか、7月が終わってしまう。

2017年7月29日 (土)

丹精の度合い。

Imgp0507

今年の夏野菜は、わたしが植えたので、土の作り方もいい加減、畝の作り方もいい加減。

そのせいか、ナスの出来も、トマトの出来も、ズッキーニの出来もイマイチだった。
畑全体に雑草が生え、スイカのツルは伸びっぱなし。ツルと草をかき分けてスイカを探す始末。もっと早く芽を摘まなくてはいけなかった。
ココまで来ると、もう手が付けられない。サツマイモのツルも伸びてるし・・・。
救いは、カボチャ、キュウリ、ゴーヤ、ピーマンたちががんばってくれていること。
ま、素人でも簡単に出来るものばかりだけど。

ただ、こんなに荒れ放題の畑は、今まで見たことが無い(涙)。

今まで、いかに夫が丹精込めてくれていたかが分かるというもの。夫とわたしの「丹精」の度合いが違うのが、よくわかる。

でも・・・・。

夜、恵みの雨。

2017年7月28日 (金)

まだだよ。

Imgp0511

午後イチで整形外科。

「少し痛いけれど、もう通院はお終いでいいですか?」
「まだだよ、ほら」と、レントゲン画像を。
「少し黒くなってるよね、目に見えないけれど確実に傷んでいるんだよ。3か月はかかるよ」。
「えぇーっ、まだ通わないとダメですか」
「なにしても良いけれど、大事にしなさい。2週間おきでも、3週間たってもイイから、とにかく来なさい」。
Mからも、同じようなこと、LINEで注意されたばかり。

大事にします。

2017年7月27日 (木)

こんな一日。

_igp7159

今日は忙しかった。

午前中ボランティアの録音日。

お昼はM夫妻とランチ。これは楽しかった。

夜は、自治会主体の「水害版図上訓練」。

焼津市水害ハザードマップをもとに、改善項目や追加項目をグループに分かれて話し合うというもの。
県や市から関係者多数。

ハード面については、河川改修・道路の整備などが進められていることの説明。
その後、色々な意見が飛び交った後、結局は「自分の命は自分で守る」ことに落ち着く。
そのための情報収集・その判断・・・etc

昔々の「七夕豪雨」については、知っている人が少なくなったが、平成16年の豪雨ではクルマを水没させてしまった経験者もいて・・・あっ、わたしも赤い軽自動車を水没させたんだった。
直近では、先月21日の豪雨。これは短時間だったから被害を免れたが、いつどうなるかは誰にもわからない。

と、いうわけで、有意義であり忙しい一日でもありました。

2017年7月26日 (水)

高校野球。

_igp7153

静岡県予選の決勝。

23-10で藤枝明誠が、日大三島に勝った。

驚くのは、その多得点。しかも激しい雨で3時間の中断。再開後も土砂降りの雨の中。

「明日続きをやればいいのに」と思うが、規約で再試合の場合は0-0で始めるんだそうで、
あまりの点差(たしか、中断前は6回12-2)に、再試合という選択肢は難しかったのかなあ。

雨で手が滑って上手くコースが定まらないピッチャー、水しぶきを盛大に上げて転がるボール・・・。

なんだか、気の毒な子供たちの姿でありましたが・・。

2017年7月25日 (火)

お茶。

_igp7166

昨日、Kさんとお茶した。

彼女は、わたしと同じ時期に病気(部位が違う)が見つかり、その後ずっとウイッグが手放せない状態にいる。

「もうひとつ買おうと思うんだけど、いつまで使えるかなぁ・・と思うとなんだかもったいなくて」などと気弱なことを言う。

確かに、医療用のそれは結構なお値段だけど。

彼女の心の動きが手に取るようにわかるので、かえって何も言えない。

「違う雰囲気のあなたも見たいわ」。

わたしはコーヒーと、アップルパイを、コーヒーを止められている彼女は持参の飲み物と、「コレなら喉を通る」からと、プリンを。

なんだか切ない「お茶」タイムでありました。

27日が来れば、アレから丸2年になる。

2017年7月24日 (月)

この歳になっても。

Imgp0156

褒められたら、嬉しい。

今回の競書に提出した「条幅作品」に、賞を頂きました。

賞そのものではなく「講評」が、とても嬉しかった。

『技術、芸術性ともに質の高い作品である。特に渇筆の美しさは、他に類を見ない』とある。

えぇ~、ほめ過ぎの感。でも、嬉しい。

2017年7月23日 (日)

敢闘賞。

Imgp4730

博多で開催されている「金鷲旗高校柔道大会」の団体2回戦で、孫の隼が先鋒で出場して、ナント!「五人抜き」をしたそうな。

その上「敢闘賞」まで頂いたようで、嬉しそうに、立派な賞状の写真をLINEで送ってきたという。

娘も興奮気味で「三年生相手に頑張ったみたい」と、わたしにLINE。

残念ながら3回戦は、90キロ以上を揃えた強豪校相手に負けたとのこと。勝てば「テレビ放映があるよ」と、言っていたのだが、残念!。

夫曰く「隼が゜一番沢山出場できたんだから、良かったじゃないか」。

今日は、炎暑も一休み。少し過ごしやすかったので、家中のカーテンの洗濯をしながら、ipadの手放せない一日でありました。

2017年7月22日 (土)

ありがとう。

Imgp4708

昨日で工事終了!。

大物家具の移動・撤去から始まり、大工さん、内装屋さん、最後はお掃除屋さん。

ハウスメーカーの担当者はじめ、皆さんイイ人ばかりで、とても助かった。特に最後のお掃除屋さんの若い二人は、とてもキチキチと仕事をしてくれ、我々が、二階にやっとこさ運び上げたテレビや小型タンスなども心安く運びおろしてくれた。
ホントにありがとう。ホントに助かりました。

なんだか、今日は気が抜けて、ボーッと(笑)。

2017年7月21日 (金)

大騒ぎ。

Imgp4757

昨夕、夫と散歩して帰宅したら、わたしの携帯、固定電話、夫の携帯、LINEに、娘からの着信があり、メールにも「どーかしたの?」。

「散歩してた。何にもないよ、なに?」と返信したら、すぐ電話があり「心配するじゃないの!なーんにも連絡がつかないから、お向かいの『Sさん』に電話して『父のところに救急車来ませんでしたか』って聞こうと思ったじゃん!!」と、ご立腹。
更に「携帯持って散歩してよねっ!、心配させないでよっ!!」と、立て続け。

「ごめんごめん」と、謝ったけど、そんなに叱られること?。
ま、心配してもらって有難いけれど、ね。

2017年7月20日 (木)

体操。

テレビ相手に、毎朝の頭の体操。

Imgp3830

今朝は、正解!。ポイントがたまっても、どうということはないのだけれど、正解を出すと気持ちがイイ。

Imgp3827

裏の金魚の水槽に咲いた「ヒツジグサ」。

炎暑とは無縁の、涼やかな顔です。

2017年7月19日 (水)

見解の相違(笑)。

Imgp4643

父の祥月命日。
わたしが高校一年の夏だった。

その秋だったか、国語の授業で「短歌」を何首かつくる・・というのがあって、

父逝きて見ずに終わりし朝顔の 薄ももいろの花のかそけさ
兄の手の抱きし頭のずっしりと 重たくなりて父は死にたり

・・のほか、全部で五首提出した。
と、思いがけなく国語の教師と、古文の教師が「大絶賛」してくれて(笑)、古文の教師は短冊に毛筆で「水茎のあとも」麗しく書いて、立派な作品に仕上げてくれた。

ところが、担任のMセンセイが「ちょっとおかしくないか、父親を亡くしたばかりの目に、薄ももいろの花が『かそけく』見えるか?もっと強烈な何かを感じたとすべきじゃないか」「俺の感想だがね」と。

実は、その時の「かそけさ」という言葉は、窪田空穂の何かの歌から拝借していたので、それを言い当てられたようで、わたしは内心「ドキッ!」。
すると、わたしが口を開く前に、国語のKセンセイが横から「Mさん、そりゃ見解の相違ってものよ。決めつけちゃいけないわ」と、図らずも助け船を出してくれたのだった(笑)。

日頃から理屈やで通っていたMセンセイと、国語の細身のKセンセイとのやり取りを、不思議なことに今でも鮮明に覚えているのは、父を亡くした強烈な想い出の夏を経験したからだった・・・・からか。

2017年7月18日 (火)

もっとも。

Imgp2863

坂の上日傘沈んでゆきにけり             大串 章

炎暑でありますねぇ。

三時過ぎに日傘をさしながら郵便局へ。影を影を探して歩く。昔は、夏を「暑い!」なんて思わなかった・・・と、ふと。

陸上部の合宿の時なんか、想像を絶する暑さだったはずだけれど。

もっとも、もう50年以上前のハナシ(笑)。

2017年7月17日 (月)

放哉。

好きな放哉の句、今月の課題なので、書いてみました。

Imgp0148

もう一枚。

Imgp0149

暑い一日。世の中は三連休らしい・・・。

2017年7月16日 (日)

力もち。

Imgp3816

18日から、家にちょっと手を入れるので、ガタガタしている。

工事の間、埃っぽさを避けるため、夫にはなるべく二階にいてもらわなくてはならない。

で、今日はテレビの引っ越し。

昨夕、力持ちの隼が「今なら手伝えるよ」と、学校帰りに寄ってくれたのに、夫ったら「いいよ、いいよ」なんて「イイ顔」して断ってしまったらしい。
残念ながら、わたしはちょうどインディアカで留守をしていた・・・。わたしがいれば、絶対に頼んだのに・・・。バイト代というお小遣いもあげられたのに・・・と、娘にグチュグチュとLINEでグチ(笑)。

うーん、工事が済んだら、またこの「荷物たち」を戻さなきゃならないんだよね・・と、今からウンザリしている(笑)。




2017年7月14日 (金)

笑う。

Imgp3817

出張で一晩立ち寄った二男。

その折の、最近飼いはじめた「豆柴」の「メグちゃん」のハナシが笑えた。

家の中での優先順位は、サキちゃん、ミサちゃん、ヒロの順で、息子はいまだに警戒されているとのこと。
二男が声を掛けると、立っていた尻尾が、スローモーションみたいに下がっていくのだそうで、反対にサキちゃんが抱っこしたりすると、ワンちゃんの顔が、パッと「笑顔」になると。
「ん?」と夫が言ったら、真面目な顔で「ホント、ホントなんだよ、パッと明るくなるよ」と言う。
なんだか、わかる様な気がする。

その「笑顔」を、是非一目見てみたいなぁ(笑)。

2017年7月13日 (木)

九州仕様。

Imgp3809

午前中、ボランティアの会の勉強会。

と、男性メンバーのOさんの髪が、ぐっと短くなっているのに気がついた。

「Oさん、夏仕様なの?」と聞いたら「いや、九州仕様だよ」。

彼は東北の被災地にも足しげく通っていて、今度は九州に行くのだという。
被災地を応援する彼のクルマの中には、自前で揃えた長靴や合羽、簡易テント…などがガッツリ積み込まれていて、それを見ただけでもホントに頭が下がる。

わたしは何もできないから、その活動のお手伝いにと、僅かばかりのカンパをしている。

気をつけて行って来てくださいね。

2017年7月12日 (水)

愛おしい。

Imgp3807

「なぜぇ~今ごろ~こわれるのぉ~♪」と、誰かにアタリたい。世間を賑わしている誰かさんみたいに。

今朝、洗濯機が壊れました(涙)。サービスセンターに聞いて貰ったら「多分基盤の故障でしょう」とのこと。
でも、もうソノ基盤がなく、修理しようがないのだそうで。
聞けば、19年前の製造機種だとのこと。

そうなんだ~、この子、19年も働き続けてくれたんだ。一度の故障も無く・・・。と、急に愛おしくなる・・。

夫が「新しいの買おうよ」と言ってくれて、早速注文。
明日の午後には設置してもらえるようで、一安心。
何しろ、洗濯が「生き甲斐」みたいなわたしなので・・・・。

午後から夫の受診日。
センセイが「のざーさんの顔を、忘れちゃうとこでしたよ」と、ニコニコ顔で迎えてくれた。
「病院に戻らない記録」更新中です、と、夫。
どうぞ、このままでお願いします。是非。

2017年7月11日 (火)

ハツモノ。

待ちに待ったコダマスイカの収穫!。

Imgp0145

実は、ついこの間採り頃の2個を、お先にムクドリに突っつかれ、地団太(笑)踏んだばかり。鳥避けネットをしてあったのにもかかわらず・・・だから、余計に悔しくて。

さ~て、コレを丸々一個、一人で食べるんだぁ。

楽しみ!。

追記  夫の歯は、センセイが一見するなり「寿命ですね」と言ったそうな。で、あっという間に抜かれてしまったんだって(笑)。気がつかなくて大口を開けて身構えていたら、「はい、口をゆすいで~」であっけなくお終い。しかし、「虫歯です」ではなく「寿命です」なんてことあるんだねぇ・・・。



2017年7月10日 (月)

実は・・・。

Imgp3800

この前の土曜日。
インディアカの練習を終えて、体育館の駐車場の真っ暗な中でクルマを出そうとして・・、石の階段に右バンパーを擦っちゃった。

朝になって確認したら、結構なキズが・・・・。

今日になって保険会社に連絡。
ところが、自損事故「免責ゼロ」の保険に入っていたつもりが・・・(涙)。
で、仕方なく、自腹覚悟でクルマ屋さんに修理見積りを取りに行ったら、「ちょっと磨いてあげますよ、錆びるところではないし、ソレでどうですか」って。
ま、キズが消えたわけではないけれど、目立たなくなったから「コレで良しとしよう」と。

最近、油断してたからなあ・・・・。反省。

因みにバンパーの左側にもキズ。コレは、わたしじゃない・・・(笑)。

2017年7月 9日 (日)

初めて・・・らしい。

Imgp3806

夫が土曜の夜から「歯が痛い」と言う。
右上あごの「親知らず」らしい。

人生で、初めての「歯痛」らしく、まるっきり元気がなくなった(笑)。

で、明日の朝一番で歯医者の予約を取ってほしいとのこと。

「コレ、抜くって言うかなあ」

「イイんじゃないの、抜いたって。親知らずだもの」
「麻酔の注射、痛いのかなあ?」
「そりゃあ、痛いわね。でも、ちょっとチクッてするだけよ」
「歯抜くと、そのあと歯茎はどうなるの?」
「うーん、しばらく痛いけど・・・」
「えっ!痛いの?」
「そりゃ、痛いわよ、でもしばらくすると、ナンでもなくなる」
まるで、子供相手の会話みたい・・・(笑)。

しかし、何とも幸せな人ではある。72歳の今日まで「歯痛」を知らず、親知らずを含め、一本の歯も欠けていないのだから。
彼の亡きご両親に、丈夫な歯を頂いたことに感謝しなくては。
ま、彼は日頃の「歯磨き」も優等生で、昔、磨きすぎてエナメル質を削ってしまったこともあった(笑)ほどだけれど。

とにかく、明朝、Kセンセイに「緊急」に診てくださいってお願いしなくては。

2017年7月 8日 (土)

まえ田。

おそばの美味しい「まえ田」に。

久しぶり!。

で、Mに「まえ田に来てるよー、天ざる待ってるー」と、LINE(笑)。

Imgp3796_2

しばらく来ない間に、少しお値段が上がっていたけれど、お見事な天ぷらと薫り高いおそば。

Imgp3798

ごちそう様でした。

ちょっと遠回りをして、山道をドライブ。

Imgp3801

今日も、暑い!。

2017年7月 7日 (金)

そうだっ!。

Imgp0548

NHKのドラマ10 を何気なく見ていて、「んー、このハナシ知ってる」と思ったのが、そもそもの始まり。

どこだったかな~。原作は重松清だからぁ・・・・。
手持ちの文庫本の中にはないし、キンドルの中にもないし・・・・さぁて、どこで読んだのかなぁ、読んだんじゃなくて、重松清ファンのMさんから聞かされたのかなぁ・・・。
頭の隅に引っかかって、気になること気になること(笑)。

で、さっき唐突に思い出したっ!。いつだったか長男の家に行ったとき、テーブルの上に置いてあったユキさんの読みさしの文庫本!。そうだそうだ、あのとき読んだんだ!。

あー、やっとスッキリしたぁ。

2017年7月 6日 (木)

な~んだ?。

Imgp0144

コレ、大きなスイートポテト。

娘が松坂屋で買って来てくれた。

Imgp0142

「すっごく、美味しいのよ!、それに、すっごく高い」。感激屋の彼女の「すっごく!」は、毎度のこと(笑)。

実際、すっごく美味しかったけれど、夫と二人では食べ切れなかった(笑)。孫たちはペロッと食べてしまうらしいが。

ごちそうさま。

2017年7月 5日 (水)

ドクター。

Imgp4469

午後から全身のMRI。

狭いやかましい空間に閉じ込められたまま、色々なことを考えていた。
そうだ、2年前の今日(正確には10日だった)絶望的な気持ちで、ペットCTを受けたんだった。

終わって、診察。ドクターがしみじみと「二年過ぎましたねぇ」と。

アレコレとしつこく尋ねるわたしを、いつもながら、柔らかく受け止めてくれる姿勢に、救われる。

ついには「そーんなに心配なら、毎月来てもいいですよ」なんて(笑)。

今日の検査のドキドキのレポートは、来週。
「心配しないようにね」と、わたしの気持ちを見透かしたような笑顔。

有難うございます。わがままな患者でごめんなさい。

2017年7月 4日 (火)

骨折?。

Imgp4471

約束の一週間なので、整形外科の診察に行ってきた。

わたしのケガ、正式には「右舟状骨 骨折」だって。大げさな名前だなぁ・・・。
こんなでも「骨折」って言うの?

レントゲンを撮った後、センセイが、ゴム製の小さなボールを取り出して、「投げるから掴んでごらん」と。わたしがインディアカの羽球を打ち返すようにして返したら、「早くやりたいんだねぇ・・」だって(笑)。

画像診断では、良好。少しずつ動かしてイイそうで。

インディアカ復帰も、あとわずかだよ!。

2017年7月 3日 (月)

杏ジャム。

草薙の友人Mの家まで、ドライブ。

お目当ては、彼女手づくりの「杏ジャム」。

Imgp0138

この暑さの中、汗を流しながら作ってくれたであろうジャムを二瓶。

「ふたつでイイの?」って聞かれたので、「もう一つ頂戴」と言ったら、後ろから夫に「ずうずうしい」と突かれた(笑)。

「いいのよー、いつもこんなだから、気にしないでー」と、Mとダンナさま。

で、三個の、まだ熱の残る出来立てホヤホヤのジャムの瓶を、大事に頂戴してきました。

Imgp0140

明日の朝、いつもの(これはわたしの手づくり)ヨーグルトにかけて頂きます。

いつも、ありがとう、ごちそうさま。

2017年7月 2日 (日)

名前は、ない。

Imgp0137

亡母が良く作ってくれた一品。

何のことはない、ダイコンと油揚げを甘じょっばく煮て、最後に豆腐を潰して入れて煮る。
これを、何故か実家では「けんちん汁」と称していた。
モチロン本当の「けんちん汁」とは、似ても似つかない(笑)。それを知ったのは、わたしが大人になってから。

先日兄夫婦が来焼した折、兄嫁からその「けんちん汁」のハナシが出た。兄が件のけんちん汁を「食べたい」と言うので、色々工夫してホンモノの「けんちん汁」を作るのだが、「違う」と言うのだそうな。
「そりゃそうよ」と、わたしが言い、兄嫁が「なーんだ、ナットクしたわ」。

で、その日の夕方、早速その「けんちん汁(笑)」を作って、ラインで写真とレシピ(と、言うほどのことはない)を送った。

兄嫁は、その後、わたしのレシピ通りに作って、何十年ぶりかに「お袋の味」を再現したのだが・・・・・、兄は「こんなのだったかなぁ」と首をひねったそうで、兄嫁は「ガクッ」としたそうで(笑)。兄とわたしの記憶がどこかで違っていたのだろうか…・。

因みに我が家では、コレは夫の好物の一品。

ただし、名前は、ない(笑)。

2017年7月 1日 (土)

厄払い。

Imgp0461

畑で、作業用手袋をはめた。

途端に、左の薬指の辺りにチクッとした痛みと、違和感。

慌てて手袋をはずして、キャーキャー言っていたら、夫が手袋の中からノソノソ出てきた「ツチグモ」を発見。
「コレに噛まれたんだよ」「エェーッ!、毒はないの?」・・・。もうっ!。

夕方になって、噛まれた(らしい)あたりが、ちょっと赤くなって痒みが出てきた。

これを、三度目として「厄払い」としたいなあ。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近の写真

  • Imgp3931
  • Imgp3927
  • Imgp3949
  • Imgp3945
  • Imgp3219
  • Imgp2133
  • Imgp2117
  • Imgp2130
  • Imgp2120
  • Imgp2114
  • Imgp2135
  • Imgp2163