« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

せっせ・・・・。

ある日せっせと野良稼ぎ~♪。この続きは、そこへウサギが跳んで出て~・・・。
実はこの歌にはちょっと切ない想い出があるのだが、それはこの先ソレが「笑い話」になるまで胸にしまっておくことに。

とにかく、今朝は早くから畑仕事。

Dsc_0045

まずは、腐葉土・堆肥・もみ殻・化学肥料・連作障害防止剤を混ぜた土を、「エンコラショ」っと起こし、タマネギの苗床の支度。幅広の畝を2本作り、表面を平らにして・・・、100本ほどの苗を植える予定。

写真では上手く見えないけれど、畑の左端に支柱を建ててネットをふた張り。こちらには、スナップエンドウとインゲンマメのツルを絡ませる予定。

何しろ狭い畑なので、やり繰りしないと・・・。写真の右側には、ホウレンソウ・ブロッコリー・ハクサイ・キャベツ・大根・レタス・ニンニク・ニンジン・サトイモなどがぎっしり。

そうそう、隙間を探してミズナのタネも植えた。

と、いうわけで、気がついたらお昼になっていた。

おつかれさま。

2016年10月30日 (日)

一日。

Imgp3117

秋の日が終る抽斗をしめるように      有馬朗人

気が抜けたせいか、朝寝坊をしてしまった。

朝寝坊すると、一日が短い・・・(笑)。

2016年10月29日 (土)

お・わ・っ・たぁ~。

Imgp3206

ヤレヤレの合唱発表。

去年は、長男・二男家族が最前列を占めてくれたけれど、今年はそんなわけにいかず(笑)、ちらりほらりのお客さん(40人くらい)の前で。

歌そのものは、大した進歩はないけれど、気持ちよく歌えたから◎。

司会をしてくれたSさんからも、「聴いていて、優しい気持ちになったよー」と、メールの着信。

総勢25人の「大」合唱団を何とかまとめた夫に拍手!ついでに、わたしにも(笑)。

ご苦労様でした。

2016年10月28日 (金)

お喋り。

Imgp3136

夫が菜園でSさんとお喋りしたそうで。

モチロン、アサギマダラのこと(笑)。マーキングの蝶のハナシは、Sさんにはまだ届いていなかったらしく、とても驚いて、「いいなぁ~」と言ったそうな。
また、アサギマダラに関する知識が豊富で、南から北に向かうときには世代交代があるらしいが、その逆は、一日に250キロ移動したという記録もあると、知識の披瀝してくれたという。

72歳と69歳のおじさん達の「お喋り」(笑)。

また、海を渡る時には、羽根をベタッと開いて波間に浮かんで休むのだそうで、漁師さんがその大群に驚いて近づいたら、パッと一斉に飛び立ったというハナシもあるらしい。

単純なギモンで、鳥に食べられちゃわないのかと思ったら、体内に毒を蓄えているらしく、その毒の一種がフジバカマの蜜にあるんだとか。

・・・だとか、だとか・・・で、しばらくはお喋りのタネは尽きそうもない(笑)。

2016年10月27日 (木)

風邪ひいた・・・。

Dsc_0041_2

午前中は、ボランティアの活動日。録音日なので、ちょっと無理して出かけた。

実は、一昨日あたりから風邪気味で、昨日病院に行ったら、わたしみたいな「チョイ風邪」患者で溢れかえっていた。

で、コレは、咳、コレはタン、コレは・・コレは・・・。飲み方が分からなくなるほどの種類を五日分。幸い熱はないのでマスクをして、わたしにしては(笑)おとなしくしている。

明後日、高麓祭で「歌わなくちゃ」ならないからね、早く治さなくちゃ。

2016年10月26日 (水)

ロマン。

Imgp31121

朝、菜園のお隣りのKさんからデンワ。何やら興奮気味。

ハナシをまとめると(笑)、この間夫と同じ日に撮ったアサギマダラの写真の一匹の羽根に「マーキング」があって、調べたら福島でマーキングされたものと判明した・・・。スゴイ!!!と。
デンワのこちら側も同じく興奮してしまい、何月何日にマーキングされたものかを聞き忘れた・・が(笑)。
そうか・・・、あの子たちは、遠く福島から飛来してきたのね。いや、福島よりもっと北からかも。今はどのあたりにいるのかしら・・・・・。

さっき菜園に水やりに行ったら、蝶が蜜を吸っていたフジバカマの畑のTさんがショウガを掘っていた。早速ビッグニュースを伝えると「ウチの花に来たの?」と、またまた興奮(笑)。そのあとでしんみりと「亡くなった母に貰った花なのよ、コレ」と。

さて、僅かな時間差でマーキングの蝶を撮り損ねた夫、撮りためた写真を一枚ずつ拡大して目を凝らしておりますが(笑)。

そうそう、ユキさんの義兄のUさんから、長男のライン経由でアサギマダラの画像を送って頂いた。年甲斐もなく、蝶に大騒ぎしているこのブログをご覧いただいているようで、有難うございます。さてさて、ソノ蝶、果たして焼津を経由して岡山まで飛翔したものでしょうか。

ちょっとした「ロマン」ですねぇ。

2016年10月25日 (火)

わらいばなし。

Imgp3124

昨日のこと、入院時の薬剤科での面談を終えて夫の一言。

「アノ薬剤師サン(美人さん)、オレのこと憶えてたよ。うーん、去年の入院以来なのに」と、まんざらでもない顔つき。

「?」。

「だってさ、オレの持病のこと知ってたしさ」。

「・・・・・・・」。

「あのー、水を差すようで悪いけれど、カルテを見て話してるんだと思うけれど・・・」。

「なんだぁ~、そうかぁ(笑)」。

というわけで、無事に生検を終えて先ほど帰宅しました。

結果は、来週・・・。

おまけ・・・、ヒマだったので、去年自分が入院した部屋と、ICUを見てきました。何のイミもないんだけれど(笑)。

2016年10月24日 (月)

光らせる。

朝から、キケン物収集の当番。わたしは7時20分から8時まで。
仕事は・・・・、きちんと仕分けしていない人のチェック(笑)と、いっぱいになったカゴの交換。

Dsc_0036

↑こちらは、アルミ缶、スチール缶、無色透明ビン、茶ビン、青ビン、ガラスワレモノ、茶碗などのワレモノ(埋め立てもの)・・・・・。

Dsc_0037_2

化粧ビン、電球、乾電池、ライター・・・・。

Dsc_0038

大きな金具、小さな金具、プラスチック製品、自転車・・・。

当番の目が光っているせいか、不法に捨てていく人はなく、また、これらの「資源」を盗って行く輩もいなくなった。

お疲れ様でした。

さて、今日は午後から夫の一泊二日の入院(生検)。週末には高麓祭も控えている。忙しい一週間が始まる。

2016年10月23日 (日)

来ました、来ました。

Imgp31881

菜園のフジバカマにもやってきました、アサギマダラ。
なんだか、トレードマークの浅黄色が、長旅の途中のせいか、少し疲れた色に見えるような・・・。

Imgp31761

あなたの名前は、何?。

さて、昨日今日と、長男と二男一家が房総?あたりで「海釣りキャンプ」しているそうで、さっきラインに楽しそうな写真が送られてきた。「バアバ、お魚釣ったら絵に描くからね、見せてあげるね」と言っていたサッちゃん、釣果はどうだった?(笑)。

2016年10月21日 (金)

ひとり。

Imgp3119

↑オミナエシ。枯れ色の群れの中でひときわ光っていました。

時々、○林○○サンのブログを読む。

頭の良い人なのねぇ・・と思う。大変な時期を過ごしている経験からか、ある意味「悟った」ような文章にも出会う。
そんなフレーズを読んだりすると、彼女、気持ちの上で無理していないかな、とも思う。ま、万人に向けて発している文章のせいもあるだろうけれど。

さて、わたしは、ある時期に「神様も仏様も・・・」何も信じないと心に決めた。
広ーい空間の中にわたしは「ひとり」だと。
もちろん夫や家族、友人の励ましはとても有難いし、わたしの「頑張ろう」という強い力にもなる。
でも、それとは別に、わたしは「ひとり」。

だから、最近は、神社仏閣を尋ねてもただ手を合わせるだけで、願い事はしない。アノ「信じない」と決めた瞬間があるから、もう願い事をする資格はないと思っている。

な~んて、分かったようなことを言っているけれど、さてさて(笑)。

2016年10月20日 (木)

飲み込む。

Imgp3134

午後から夫のF市立病院の定期診察に同行。

診察を終えたドクターが「次は正月前に診せてもらいましょうか」と、何気なく。

「えっ、12月に?」と、夫。この前、3か月~4か月に一度っておっしゃいませんでしたか・・・と、最後はモゴモゴ(笑)と不満顔。

ドクターはすまし顔で「正月、心配ですよね、奥さん」と、今度はわたしに。

「はい、そうなんですよ、長いお休みとか、土日とか、夜とかに具合が悪くなるので(かかりつけ医がお休みの時)、ホントにこちらで助けて頂いています」。

そばで、まずーい顔をしてやり取りを聞いていた夫が「まるで、子供みたいだなぁ・・・」と、ボソリ。

「ま、元気な顔を見せてくださいよ」と、ドクターはお上手(笑)。

わたしにしてみれば、「この間の『コト』、もう忘れちゃったの」と、ひとこと言いたかったけれど、そこは、ぐっと飲み込んで。

2016年10月19日 (水)

続・アサギマダラ。

Imgp31091

Imgp3099

アサギマダラって、その一生を移動することで終えるのだそうで。春~夏は、南から北へ、秋は南下、移動距離は2000キロにも及ぶとか。今はその南下の途中でしょうか。しかも、フジバカマの蜜が大好物。どうしてその在り処がわかるのかしら?移動の間には世代交代もあるでしょうに・・・と、俄か「昆虫好き」の興味は尽きないのですが(笑)。

菜園のTさんの畑にもフジバカマが沢山植えてあり、時々アサギマダラがフラッとやってきます。今日はオレンジの蝶が3匹、手を伸ばしても逃げる気配もなく蜜を吸っていました。

さて、今日は朝早くから畑の土起こし。次に植えるタマネギの準備。スコップを使いながら、来週の土曜に、高麓祭で歌う歌を鼻歌交じりに「フーンフンフンフンフン(いまーわたしのー)♪」(笑)。

思わず鼻歌も飛び出す良い天気でありました。

2016年10月18日 (火)

数え方。

一頭のアサギマダラに婿五人     yuji

蝶の数え方って、「頭(とう)」なんだって。学術的に言えば、カエルも「頭」と数えるのだそうで。

夫が今朝、吉田公園に「アサギマダラ、来てますか」って聞いたら、「朝、一頭見かけました」と言われたそうで・・・。

ま、そうかもしれないけど、一匹とか一羽とか言った方が、優しい感じがするよね。

それはともかく、行ってみました、吉田公園のフジバカマが咲く「野草の小径」。

と、狭い小径に、「カメラ小僧」ならぬ「カメラ爺」が五人、気ままに翔ぶ四「頭」のアサギマダラに翻弄されながら、ひしめき合っておりました(笑)。夫もその中に混じり・・・。

Imgp3084

空を見上げたら、富士山空港に降り立つ飛行機の、今まさに車輪を出した瞬間を、すかさずパチリ。

Imgp3121

思い通りの写真が撮れて、上機嫌の夫でありました。

2016年10月17日 (月)

間に合わない。

_igp7501

今年は夏があまりに暑かったせいか、玄関前の金木犀がなかなか花を付けなかった。

「おかしいなあ、オレの誕生日には咲くはずだかなあ」と、夫。

ただ、彼の誕生日を採りどきの目安にしている茗荷については、今年は誕生日前からワサワサと採れたから、不思議(笑)。

さて、さっき夕刊を取に外に出たら、小止みになった雨の中、お待ちかね(笑)の金木犀の強い香りが鼻をくすぐった。

誕生日から、17日遅れでありました(笑)。

2016年10月16日 (日)

奉納の舞。

Img_7

↑Mさんのブログから拝借しました。上手に撮れています。

お祭りの「奉納の舞」。6年生の女の子13人が雅やかな雅楽の音色に合わせて「乙女の舞」と「朝日の舞」を奉納します。

我が家の娘も、遥か昔の6年生の頃舞わせてもらいました。

やはり伝統は綿々と続いているのですね。

2016年10月15日 (土)

ヨレヨレ。

Dscn1708

お祭りの祭典前の拝殿で。友人のMさんが撮ってくれました。

わたしは、一連の支度が一段落して「ほっ!」、夫はこの後に控える祭典の司会を前に、緊張気味(笑)。

振り返ってみれば、お祭り狂騒曲みたいな一ヶ月だったし、こんなのナンのイミがあるの?などと「自問自答」の日々でありましたが、終わってみれば、「伝統」って、こうやって受け継がれていくのかしら、と・・・。

そう言えば、一緒に苦労したSさんも、昨日カレーを食べながら(笑)、しみじみと同じようなことを言っておりました。

ただ、同じお祭り当番の中にも「傍観者」で通した人たちもいて、人は夫々だなぁ・・と、感じたことでした。

ま、ソレが出来ないから、「ヨレヨレ」にくたびれ果てる結果があるわけで(笑)。

今日は午後は「合唱の会」、夜は「インディアカの練習」。

2016年10月14日 (金)

打ち上げランチ。

Imgp5285

昨日は、お祭りで頑張った(笑)Sさんご夫妻と「打ち上げランチ」。

何にしようか・・・と、言ったら、思いもかけず「ガンジーのカレー!」との、即答(笑)。
何でも、同居の娘さんがカレー嫌いで、なかなか献立に上らないんだとか(笑)。
「子供みたいだねぇ、そんなんでいいの?」と、念を押すと「いいっ!!」。

で、我々にとっては「いつもの」ガンジーで、美味しいナンとカレーを。
何よりも、お喋りが「大ご馳走」で、楽しい楽しいひと時でありました。

2016年10月13日 (木)

楽しかった!。

Imgp5268

夜、インディアカの試合。我々のチームの今期初戦!でもあり。

結果は、21-13、20-21の引き分け・・だけど、まあ、得失点では勝ったから、良しとしよう!。
2セット目の20-21の逆転負けは、ちょっと残念だったけれど、楽しかったから、まっ、いいか。

最後の失点のミスをしたTさんが「ごめ~ん」と落ち込んで・・・。
そんなことないよ、その前に凡ミスしなければ、その前の前のミスがなければ・・・というわけだし・・・と、わたし。
チームプレーなんだから、「ごめん」は、言っちゃダメだよと、エースのMさん。
言っちゃナンだけど、何より、わたし自身の凡ミスが一番多かったような気がするし・・・。

チームのみんな、お疲れさまでした。次、頑張ろうね。

2016年10月12日 (水)

自重しましょう。

Imgp5267

お祭りの疲れのせいか、急に涼しくなったせいか、なんだか喉が痛い、ついでに頭も。

お隣の組長さんが「疲れたねー」、筋向いのSさんも「なんだかねぇ、気が抜けたねぇ」、お向かいのYさんも「やっと終わったねぇ」・・・・。

みんな歳を取ったからね、疲れは一日置いて出るのね(笑)。

夜は、K小学校でインディアカの練習だったけれど、そんなわけで、今晩ばかりは自重することに。夫は練習に出かける気マンマンだったけれど(笑)。

2016年10月11日 (火)

後始末。

Imgp0767

今日は、お祭りの事務仕事の後始末。

午後から、パソコンと睨めっこで報告書作り。

もう、背中、パンパンだぁ~(笑)。

吉田公園に、アサギマダラの飛翔を見に行きたいなぁ。のーんびりと。

2016年10月10日 (月)

お疲れ。

Imgp3070

お天気に恵まれて、終わりました、お祭り!。

色んなことがありましたが、ま、とにかく無事に。

Sさんとは、昔からの仲良しではあったけれど、お祭りに関わったことで、久しぶりにより「濃密な」友情で結ばれたこの一ヶ月でありました。

夫の式典の司会も見事でした。

お・わっ・たぁ~。おつかれぇ~。

そうそう、インディアカでご一緒のMさんが、美味しいプリンを差し入れてくれました。

ありがとう。

2016年10月 9日 (日)

安全第一。

天気予報通りの、雨。

雨でも、明日はお祭り。

わたしとSさんは、お舞子さんたちの持つ榊に赤い布を「麻糸」でしばりつけたり、玉串奉奠者の榊に「紙垂」をつけたり、拝殿に垂れ幕をかけたり・・・。

外では男性陣が、お祭りのシンボルの大きな「上り旗」を建てる作業。

149_2

昔は人力でやっていたけれど、今は「安全第一」で、クレーン車の出番。

170_2

写真は、昨年の資料から拝借。

夫は、作業を下から見上げながら、「若かったら、アノ籠に『乗るよっ』って一番に手を上げたけどなあ」だって。

本日は、高所作業をお仕事にされている方が、気安く乗ってくれたそうで。

とにかく、とにかく、あした、天気にな~れ!。

2016年10月 8日 (土)

雨・曇り・雨・時々晴れ・・。

雨の中、お祭りの支度。

わたしはSさんと、拝殿でお供え物の支度。

Photo

当日までに、こんな風に整えます。

地域で採れた農産物、昆布、鯛・・・・・など。

地域の古くからのお宅に「献納」して頂くカタチを取ります。

神社前では、雨の中のぼりを立てたり、提灯を飾る仕事など・・・等々。

なんとか少しずつカタチにはなってきていますが、お祭りのホントの意味は薄れていて、この先どういう風に受け継がれていくのでしょうか。

お祭り自体の「形骸化」は、関わっている人たちが皆口にするのですが、先頭を切って「変えて」ゆく人もなく・・・・。

さてさて。

2016年10月 7日 (金)

あした。

Dsc_0032

10日のお祭りの準備が、明日から始まる。

文字通り「あした天気になあれ」。

たまたま11月の詩文書の課題。

さてさて。

2016年10月 6日 (木)

心配事。

Imgp5272

夜、夫が式典の「総練習」のため神社に出かけて行った。

孫のような子供たちの「舞い」と、式次第に添った「司会」の本番さながらの打ち合わせ。

夫本人が丁寧に作った「シナリオ」通りに進められた、と、いたく御機嫌で帰ってきた。

「総練習」は、今夜が第一回目。まだまだ回を重ねるそうで。ご苦労様です。

わたしは、「縁の下」の仕事に徹します。

今のところの心配事は、当日のお天気と、夫の着る礼服を「冬もの」にしようか「夏もの」にしようか・・・と、いうこと(笑)。

2016年10月 5日 (水)

一日。

お祭りでは、神様に「お舞い」を奉納します。そのお舞い子さん(小6の女の子13人)たちの記念撮影を頼まれた夫。で、今日は、そのアングルを確認に、わたしがモデル(笑)。↓

Imgp3067

昼間、静岡に出てMと会う。

本日は、彼女の「裂き織り」の作品展。
会場に入るなり、展示してあったステキなバッグを「頂戴!」と厚かましく・・・(笑)。彼女渾身の作品なのに、ゴメン。でも、誰よりも早く「予約」しちゃった。
お昼は、戸隠蕎麦を。「作品展観てくれたから」と、ご馳走になっちゃいました。ありがとう。美味しかった!。
何よりもお喋りが楽しかった。
そうそう、「サツマイモ持ってくねぇ」と約束していたのに、玄関に置き忘れてしまったわたし。
ごめんごめん。

夜はインディアカの今期初戦・・っていっても、「人数が足りないから頼むよ!」と、半ば強制的に言われてしまい。
でも、なんだかんだと言っても楽しいインディアカ。まして2-0で勝てば、尚更楽しいわけで。

楽しい一日でありました。

2016年10月 4日 (火)

せめて。

Imgp3053

朝一番の予約で美容院に。

今日の話題は、大隅先生のノーベル医学生理学賞のおハナシ。受賞の内容についての難しいことは分からないものの、「ボケに効くんですって」「ガンも予防できるんですって」・・と、聞きかじりの情報で大賑わい(笑)。
これから先、人間はボケないし、ガンや糖尿病も予防できるし・・・、長生きばっかりになるわねぇ。なかなか死ねなくなっちゃうわねぇ・・・。と、極論。

ふと、28年前にガンで逝った同い年の友人を想い出す。
「もう少し、せめてあと10年、何とか生きられれば、もっとイイ薬が出来るかもしれないのに」。
わたしがお見舞いに持って行ったスイカを、ほんの少しだけ食べながら言った言葉。
あれは亡くなる2週間ほど前だったか。

さて、わたしは。

2016年10月 3日 (月)

若い人。

Imgp3048

10日のお祭りでは、「式典」が終わると、玉串を奉奠(ほうてん)をしてくれた地域の方々や、参拝してくれた方々に、お神酒を振る舞う。

予定では、わたしは式典司会者の補佐兼雑用係なので、当然お神酒の「お振舞い」のお手伝いをすると思っていた。

ところが、さっき組長さんとの打ち合わせの中で「お神酒の係は、若い奥さんを三人頼んであります」と、あっさりと、さりげなく言われた(笑)。

同年輩のSさん曰く「わたしたちは、『箒』でも持ってウロウロしていれば、イイってことよ(笑)」。「そうね、文字通りの『下働き』に徹すればイイってことね(笑)」。

はいはい、椅子を出したり、机を出したり・・・、力仕事は任せてください。

2016年10月 2日 (日)

保存会。

霧みたいな雨の中、朝から「注連縄」づくり。

Dsc_0030

まずは、「注連縄保存会」の皆さんの指導の下、太い注連縄を2本、それより少し細いものを2本。

Dsc_0026

まず一本目は、神社前にある「旗かけ石」に。この石、徳川家康が近くの庄屋で休憩した際、旗を立てかけたという伝説を持つ。

その横にある「駒つなぎの松」にも。本殿にはみんなでヨイショヨイショと運び込む。最後の一本は鳥居用。

最近は、こんな風に地域の住民の力だけで「注連縄」を作れるところは、ほとんどないそうで。コレは「保存会」のおじいさんの力説。

なるほどねぇ。

やれやれ。

2016年10月 1日 (土)

ごちそうさま。

Imgp3065

昨夕は、「茗荷ごはん」、今日は「お芋ご飯」。

他にナス、トマト、ピーマン、ゴーヤ、ゴボウ、ニンジン・・・・。収穫物は、とにかく残さないように食べる。

素人が作るものは、「商品規格」(笑)にあっていないものばかりなので、料理に使うときは、頭を使って工夫する。
「ごちそうさま」の気持ちを大切にしなきゃね。

なお、本日午前中は、お祭りの「注連縄」を作るための、前準備の「稲藁すぐり」。稲藁の余分な枝葉を取り除いて、芯を出す作業。もちろん使うのは年代物の手動機械。明日は太い注連縄を皆総出で作る。

午後は「合唱の会」。

頑張りました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近の写真

  • Imgp3931
  • Imgp3927
  • Imgp3949
  • Imgp3945
  • Imgp3219
  • Imgp2133
  • Imgp2117
  • Imgp2130
  • Imgp2120
  • Imgp2114
  • Imgp2135
  • Imgp2163